輸配送進捗管理サービスを利用する利点

輸配送進捗管理サービスという便利なサービスがあります。このサービスは主に輸送業界で利用されることが多いです。それは、利点があるからです。まず1つ目の利点としては、輸送工程を総合的に管理することができる点であります。当日の輸送毛計画をパソコンの画面上に一覧で表示することができます。そして、その表示された情報の中からさらに知りたい情報だけを絞り込んで検索することもできます。また現在輸送中の便の輸送計画において、VICS道路交通情報を利用して到着予測時刻を算出して確認すること可能です。これによって、荷主様からの荷物に関する問い合わせにも迅速に対応することができて、荷主様からの信頼を確保することができます。2つ目の利点は、無駄な輸送コストを削減できる点であります。輸配送進捗管理サービスでは過去の履歴も管理できるため、輸送計画を立てる際にいかに効率よく荷物を輸送することができるかということに役立てられます。これによって、無駄な輸送コストを出させずに済みます。

輸配送進捗管理で遅延を100パーセントゼロにする

会社などに出勤をするとき、まったく遅刻をしない人もいればする人もいます。しない人は、計画的に家を出たり、交通機関などを利用しています。する人はできていないといえます。また、時間的な変動が大きな手段を使っている可能性があります。荷物の輸送の場合、客先への納入の遅延は、客先からの信頼を失う原因になります。商品によっては、遅延が全くできないものもあります。その時に使いたいのが輸配送進捗管理です。リアルタイムに現状を管理することで、遅延を無くすことができます。利用する道路であったり混雑の具合などから、利用するルートなどの指示を行います。もちろん出発時間などは余裕をもっていけるようにします。事前にいくつかのルートが用意され、その中からルートを選択するので、一つが利用できなくても代わりのルートを使って遅延を無くすようにします。

輸配送進捗管理を行う最大の理由

会社としては、顧客から依頼を受けたことに関しては、常に何を聞かれても答えられるように状況を把握しておく必要があります。けれど、これが輸配送を手掛けるとなると、荷主からの預かり物は会社の外へ出ますので、把握できる状況から一時的にせよ抜け出ていくことになります。その間、ドライバーとの連絡は携帯電話等でできるとはいうものの、ドライバーが常に電話に出られる状況にあるとは限りません。さらに、問い合わせがあるたびにドライバーに電話をかけていたのでは、これこそが遅延の元凶になりかねないでしょう。そのため、見える化することが大事で、輸配送進捗管理システムを導入する方法が解決策となります。これがあれば、現在地はどこで、どこへ向かっているかという状況把握が、ドライバーに頼らずともできるようになります。荷主の問い合わせにスピーディーに答えられる上、遅延になりそうだとなれば先に連絡を入れることもできて一石二鳥です。