輸配送進捗管理は日別の配送パターンに対応

工場などに材料を配送するとき、毎日配送するものが同じケースがあります。工場では一定期間同じものを作ることがありますから、その時には違う材料は不要です。一方で、販売店などでは、セール日によって配送するものが異なる場合があります。輸配送進捗管理を利用することによって、日別の配送パターンに対応することができます。毎日同じものを配送するときは、ドライバーも毎日お同じものを積み込み、同じところに持って行くだけでした。システムの導入によって、毎日違うものの配送でも問題なく対応できるようになります。今日はある商品をある販売店に持って行き、別の日は別の商品を別の業者から積み込んで別の店に持って行くなども可能になりました。柔軟な対応ができることによって、客先から信頼を受けることができます。コンピュータ上で、配送に関するコントロールを行うことができます。

輸配送進捗管理の活用は、便利さと安心への近道

輸配送進捗管理というサービスをご存知でしょうか。輸送物の位置や進捗状況をタイムリーに把握できるシステムを用いて、荷主へのタイムリーな報告や配送の遅れを予防するのに役立てられています。配送業者にとっては、積荷に関する顧客からの問合せに対応する手間や人員を省くことが可能になり、業務の効率化に繋がります。また、システムにより「見える化」された輸送計画と実際の輸送記録との見直しにより、サービスの向上や、無理のない輸送計画、より効率的な配送方法等のノウハウを自社内で磨き挙げ、より無駄がなく質の高いサービスの提供に繋がります。効率化によりコスト削減も可能となります。更に利用者にとっては、配送を依頼した輸送物の進捗状況をタイムリーに自分で知ることができる為、急ぎの配送や大切な贈り物を安心して任せられるメリットがあります。輸配送進捗管理による、より便利で効率的、確実性も高い輸送が、スピードと確実性を求められる現代社会においては重要な役割を担っていくことは間違いありません。

輸配送進捗管理システムの仕組みの概要

運送業は日本の物流を支える重要な産業です。宅配便などのトラックから大型荷物のトラックまで、毎日運送業者のトラックを見ない日はありません。その分、運送に対する需要があるということになりますが、最近は荷主や届け先から、荷物の到着時刻など細かいの問合せが増えています。その都度、ドライバーに確認していると、時間がかかります。そこで、輸配送進捗管理システムの導入が必要です。配送管理センターのパソコン画面を見て、瞬時に回答できます。仕組みとしては、トラックの位置情報、配送の進捗状況、配送状態を可視化することで、輸配送計画を効率的に策定し、イレギュラーな注文にも対応できるようにします。通信機器として、スマホを採用すれば、専用機と異なって、導入費用もかかりませんし、多目的に利用することも可能です。輸配送計画も効率化により経費の大幅削減が期待できます。