輸配送進捗管理は動態で行うのが基本です

物資が動くことによって成立する輸配送において、その進捗状況を管理するには動態であることが不可欠です。今、もっとも選ばれている方法はクラウドシステムによって見える化することで、輸配送の車両にGPS装置を取り付け、マップ上でその動きを見ながら管理しています。輸配送進捗管理システムと呼ばれますが、見えることによって管理は確実に楽になりますし、状況把握もよりしっかりとしたものになります。マップに描かれた道路上の状況と車両の動きが連動してわかると、渋滞や通行規制により迂回路をとらなければならなくなったといった状況把握がより早く、確実に行えます。ドライバーとの連絡は携帯電話や無線によって行えますので、マップ上の車両の動きと実際の状況は、ドライバーからの報告でますます正確になります。これこそが、輸配送進捗管理システムの真骨頂です。

輸配送進捗管理サービスは輸送業界に恩恵をもたらす

輸送業界では、様々な問題に直面しています。例えば、荷主様から荷物がまだ届いてない又は輸送状況を知りたいので教えて欲しいといった問い合わせに迅速に対応できなかったり、輸送計画がきちんとできないため無駄な輸送コストが出てしまって困ってしまっているといった問題などがあります。こうした問題を解決することができるのが、輸配送進捗管理サービスであります。このサービスは、とても画期的なものとなっています。輸送状況を一覧で見える形にデジタル化して荷物の到着予定の時刻を表示させたり、マップ上にVICS道路交通情報を表示させて渋滞状況を素早く把握することで、遅延輸送を防ぐために迂回ルートを瞬時に探すことができます。また万が一遅延輸送が起きている場合には、素早くアラート表示をすることでその対応を迅速にすることができます。

輸配送進捗管理システムで見える化したら

知識と経験がないと、輸配送の進捗状況を管理する管理運行者の仕事はなかなか務まりません。輸配送の車両が一台だけなら何とかなるでしょうが、複数台が同時に日本全国へ散らばるような規模の大きな輸配送業者ともなると、人の目で見ていたのではどうしても取りこぼしが出てきます。そこで、輸配送進捗管理をクラウドシステムによって見える化した場合、イレギュラーな動きをした場合のみ目を光らせるという方法が取れますので、管理運行者の数も最小限にすることができます。また、知識と経験がなくても、注意深く物事を観察できる人や、集中力が長く続くといった人を設置することで、有能な管理運行者にすることができるようになります。車両とマップの連動情報は、輸配送が無事に行われていることを知らせる一方、異変をも伝える優れたシステムになるでしょう。

車の現在地が管理できるので輸送計画を効率化。サービス向上に役立ちます。 リアルタイムで状況がわかるので業務効率化につながります。 事故削減・業務効率化などの様々な課題をサポートします。 運行管理をトータルサポートします。質の高いテレマティクスサービスを総合的に提供します。 クラウドサービスで業務効率化・信頼アップ!ドライバーの負担軽減! トラック・営業車・消防車など幅広い商用車両で多数運用。輸配送進捗管理の導入は「docoですcar」へ