二次会でいくらぐらいの景品を出せばいいのか教えます

結婚式の二次会で盛り上がる定番イベントと言えばビンゴやクイズといったゲームです。そんなゲームに欠かせないものが景品で、新郎新婦が趣向を凝らして選ぶものは、招待されたゲストにとっても思い出に残る一品になるでしょう。その一方で何が喜ばれるのか、費用はどれくらいなのかなど疑問点が多いのも悩ましいところです。二次会の会場代や料理、そのほか運営に関わる資金をゲストからの会費でまかなうのが一般的です。会費を低料金にした場合、運営にはそれなりの人数を招待する必要があるので、大人数になればなるほど会場選びも大変になります。また会費を高く設定した場合はそれに見合う内容でなければ招待を受けた側の満足度も十分なものではなくなってしまう可能性があります。出席者全員に楽しんでもらえるような会にするためには、会費と二次会の内容とのバランスがとても大切になってきます。

二次会の景品を選ぶポイントとは

予算がある程度限られる二次会において、景品の内容はメリハリをつけて選ぶことをおすすめします。トップ賞は人気の最新家電やテーマパークのペアチケットなど豪華なものに、そのほかはお菓子や雑貨など予算的に抑えられるものにすると良いでしょう。メリハリをつけて景品を用意すると商品の内容に差が出てくるので、より多くのゲストに満足してもらうためにはゲームへの参加賞といった形で一個あたりの予算を抑えつつ、多くの参加者に景品が行き渡るよう数量を多く用意することもおすすめです。また男性ゲストに女性向けの景品が渡ってしまうといったことを避けるために、男女共通で使えるようなものを選ぶことも大切です。こうした内容を踏まえて、会費金額とのバランスを考慮しつつ景品を決めると良いでしょう。二次会前は準備などで何かと慌ただしくなってしまうことも多いので、景品は1ヶ月前を目安に準備すると安心です。

気になる二次会の景品にかける費用と人気商品

二次会の運営にかかる主な費用には、会場代、料理やドリンク代、ゲームの景品代などが挙げられます。見込まれる会費総額から必要経費を差し引いた金額の中で、景品を用意しなければなりません。人気の景品と希望予算に合わせて景品を用意することができるおすすめ方法をご紹介します。景品として人気なのはテーマパークのペアチケット、行き先が選べる温泉旅行の宿泊券など体験型のもの、話題の家電製品などです。そこで予算ごとに人気商品をまとめて購入することができる景品セットがおすすめです。景品セットは1万円代から数十万円まで種類も豊富で、インターネットサイトなどから購入することができます。送料が無料になるものの他にも、持ち帰り用のバッグ、ビンゴカードとビンゴゲーム機がセットになっているものもあり、必要なものが一式揃っているので効率良く準備することができる点も魅力です。